配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」

ネット記事「論座」で取り上げられたNMRパイプテクター®-NMRPT-

2019年9月にネット配信記事「論座」で配管内防錆装置NMRパイプテクター®が取り上げられましたが、その記事の内容は誤った情報をベースにNMRパイプテクター®を事実無根に誹謗中傷するものです。

記事の最初に取り上げられている「日鋼団地を守る会」のメンバーと思われる人物のインタビューの内容は全て誤った情報と言えます。

府中日鋼団地は全部で32棟の大型団地で、築後35年になる平成16年5月に1台の配管内防錆装置「NMRパイプテクター®」を1台、1棟の半分の建物向けに設置しました。しかしその後、管理組合は全棟建替えを決めた為、残りの31棟向けのNMRパイプテクター®の設置は無くなりました。

その後、「日鋼団地を守る会」という配管更新を主張するグループが建替えに反対し、以後17年間建替えが実施されず、その間築後52年を過ぎた31棟内の給水管の赤錆は放置され、それを配管業者と一体の「日鋼団地を守る会」の人物は大手新聞社のネット記事「論座」の長野剛記者にNMRパイプテクター®に関し、事実無根の誹謗中傷記事を書かせました。

同じく「論座」の記事の主要な部分を占める日本技術士会千葉県支部の見解は、以前より配管工事会社OBをスポンサーとして「NMRパイプテクター®」を事実無根に誹謗中傷している、小波秀雄氏の兄弟の小波盛佳氏が主導して、小波秀雄氏の事実無根の誹謗中傷内容を日本技術士会千葉県支部の公式見解として、「論座」に長野剛記者は記事として書きましたが、日本技術士会としてはその様な公式見解は出していない為に全て削除されました。

「論座」の他の主要な記事は、以前より配管工事業者がスポンサーになり、NMRパイプテクター®への誹謗を繰返しネット上で行っているアカウント名「謎水」のインタビュー記事であり、全ての内容が事実無根にNMRパイプテクター®を誹謗中書している事から、大手新聞社という社会的に公正中立であるべき報道機関にそぐわない内容である為、長野剛記者は2020年4月より記者の資格を失いました。

関連リンク