箱崎ダイヤマンション

箱崎ダイヤマンションへのNMRパイプテクター導入事例

導入背景

東京都中央区にあるマンション「箱崎ダイヤマンション」はNMRパイプテクター導入当時に築19年を経過し、給水管継手部分の異種金属接合部の赤錆閉塞がかなり進んでいました。

高額な配管更新や、配管内を傷つける懸念のある更生工事などに不安があり、導入費用が10分の1以下で収まり、より安心・安全に導入が可能なNMRパイプテクターを採用しました。

効果検証

マンション給水配管へNMRパイプテクターを導入した場合、効果検証には主に内視鏡を使用します。内視鏡を使用して配管内の画像を撮影し、NMRパイプテクター設置前と設置後の比較をします。撮影は同箇所・同条件で行います。撮影された画像より、配管内の赤錆が配管全体の何パーセントを占めているか、赤錆閉塞率を算出します。

NMRパイプテクターの設置前と設置後を比較すると、時間が経過するほど配管内の赤錆閉塞が減少、つまり配管状態が改善されていることがわかります。

内視鏡調査結果

「車返西住宅(3街区)」では、水の使用量の多い1部屋のトイレ給水管の第一継手部で赤錆閉塞を測定したところ、NMRパイプテクターの設置前の赤錆閉塞率は80.3%でした。配管内の赤錆劣化はかなり進行しており、早急な対応が必要でした。

NMRパイプテクターの設置から12ヵ月後、赤錆閉塞率は62.2%にまで大幅に縮小改善しました。

その後NMRパイプテクターの設置から43ヶ月後には、赤錆閉塞率は56.8%へとさらに改善しました。

設置から約4年弱以降もNMRパイプテクターの効果は継続し、配管内は更生し続けていることがわかります。今後もさらなる改善が期待されています。

検証箇所設置前12ヶ月後43ヶ月後
A号室
80.3%
内視鏡画像
62.2%
内視鏡画像
56.8%

まとめ

「車返西住宅(3街区)」の配管内はNMRパイプテクターにより、赤錆閉塞が大幅に改善され、今後もさらなる改善が見込めると期待できます。

建物名箱崎ダイヤマンション
所在地東京都中央区
建物概要築19年、8階建、27戸、マンション(竣工 1981年)
給水方式高架水槽方式
設置工事2001年7月31日
設置配管/設置数揚水ポンプ二次側揚水配管(VLP管 50mm)/PT-50DS×1セット
高架水槽二次側給水配管(VLP管 80mm)/PT-75DS×1セット

箱崎ダイヤマンション
「箱崎ダイヤマンション」外観

資料のご請求やご不明点はお気軽にお問合せください

日本システム企画株式会社

フリーダイヤルや、24時間いつでもお問合せ可能なWEBフォームよりお問合せが可能です。無料の資料請求も承ります。まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル

0120−320−390

(平日9時〜17時半)