広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟

広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟へのNMRパイプテクター導入事例

導入背景

東京都渋谷区にある大型マンション「広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟」はNMRパイプテクター導入当時に築12年、塩化ビニルライニング鋼管(VLP)の給水管継手部分を使用していました。

当時、赤錆閉塞対策として予定されていたステンレス鋼管への更新工事は、1棟当り約1億円以上も費用がかかる見込みでした。

しかし、更新工事ではなくNMRパイプテクター®を導入することで、予定していた費用の20分の1以下の費用で赤錆問題を解決することができました。

効果検証

マンション給水配管へNMRパイプテクターを導入した場合、効果検証には主に内視鏡を使用します。内視鏡を使用して配管内の画像を撮影し、NMRパイプテクター設置前と設置後の比較をします。撮影は同箇所・同条件で行います。撮影された画像より、配管内の赤錆が配管全体の何パーセントを占めているか、赤錆閉塞率を算出します。

NMRパイプテクターの設置前と設置後を比較すると、時間が経過するほど配管内の赤錆閉塞が減少、つまり配管状態が改善されていることがわかります。

内視鏡調査結果

「広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟」では、2部屋の台所給水管第一継手部で検証を行いました。

NMRパイプテクターの設置前の赤錆閉塞率はA号室が77.5%、B号室が37.3%でした。A号室ではかなり配管内の赤錆劣化が進行している状態でした。

しかし、NMRパイプテクターの設置から12ヵ月後には、A号室が60.0%、B号室が31.0%と赤錆閉塞率は大幅に縮小改善しました。

さらに、NMRパイプテクターを設置してから約2年後となる27ヶ月後にはA号室が58.5%、B号室が23.3%とさらに改善し続けています。

検証箇所設置前12ヶ月後27ヶ月後
A号室内視鏡画像
77.5%
内視鏡画像
60.0%
内視鏡画像
58.5%
B号室内視鏡画像
37.3%
内視鏡画像
31.0%
内視鏡画像
23.3%

まとめ

建物名広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟
所在地東京都渋谷区広尾
建物概要築12年、RC造15階建マンション
給水方式加圧ポンプ方式
設置工事1997年8月27日
設置配管/設置数量水器二次側導入配管(VLP管 100mm)/PT-100DS×2セット
加圧ポンプ二次側給水配管(VLP管 65mm)/PT-75DS×5セット  

広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟
「広尾ガーデンヒルズ G・H・I・J・K棟」外観

資料のご請求やご不明点はお気軽にお問合せください

日本システム企画株式会社

フリーダイヤルや、24時間いつでもお問合せ可能なWEBフォームよりお問合せが可能です。無料の資料請求も承ります。まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル

0120−320−390

(平日9時〜17時半)