海に浮かぶ大量のプラスチックごみ

プラスチックごみ海洋汚染問題の根本的な解決にNMRパイプテクター®-NMRPT-が貢献

みなさんもご存知のように、買い物時のレジ袋の有料化やプラスチック利用の削減が進んでおり、環境問題に対する取り組みが本格化してきている事が実感されます。プラスチックごみによる海洋汚染問題は世界的な問題であり、さまざまな角度から物事を改善していかなければ解決の難しい問題です。この問題の解決策の1つとして貢献できるのが、配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®です。各国の状況によってもプラスチックごみを生み出す背景は異なり、NMRパイプテクター®が活用される事で大幅にプラスチックごみを削減可能な環境があります。今回は、NMRパイプテクター®による環境問題改善への有効性について紹介します。

何が海洋汚染を進めているのか?

海に人間によって作られた、本来無いはずのプラスチックごみが大量に流れ込んでいます。このプラスチックごみが海洋生物などの体内に入り、命を落とす原因となる事例があり、みなさんもTV等で見た事があるのではないでしょうか。劣化していく事でプラスチックごみは、マイクロプラスチックと呼ばれる細かい状態となっていき、これを取り込んだ魚介類を私たちが食べる事で、人体への影響も懸念されます。では、プラスチックごみの海洋流出量の削減には何が有効でしょうか。プラスチックごみが海に流れる理由を知れば、解決策が見えてきます。

水質問題改善から始める海洋汚染の改善

発展途上国では、水道水の水質の問題からペットボトル入りの飲料水の使用量が多くなっています。そして使用されたペットボトルは放棄され、ペットボトルが川の水面を埋め尽くすほど、大量に浮かんでいるような環境があるのが現実です。水道水の水質低下の理由として、配管内の赤錆腐食があります。配管内の雑菌を抑える為に殺菌用塩素を投入しますが、赤錆腐食が著しい場合、赤錆によって塩素が減少していきます。その為に雑菌の繁殖により、生活に適した水質を確保できません。また、赤錆によって水が濁る「赤水」状態となります。この配管内の赤錆腐食問題の解決もまた、困難を余儀なくされます。
通常は配管更新により配管を新品に交換し赤錆問題を改善していきますが、これには膨大な費用がかかり簡単には実施できません。実はこの問題は日本でも起こっているのです。日本国内の配管の老朽化が進んでいる為に、安心、安定した水道水を供給できなくなるリスクがあり、配管更新が急がれますが各地域の自治体で配管更新を行う財源がなく、対策が出来ないといった問題が進行形で起こっているのです。

NMRパイプテクター®-NMRPT-が問題を解決

 NMRパイプテクター®により、これらの問題は解決が可能です。NMRパイプテクター®の導入で配管更新に比べ大幅に費用を削減し、40年以上の長期延命が可能となります。また導入後のランニングコストも必要ありません。重要な防錆効果では、すでに海洋汚染の改善に直結する実例があります。地域全体で亜鉛メッキ鋼管製配水管の赤錆腐食により水質に問題のあった、ベトナム・ビンフック省フォン カン地区では、NMRパイプテクター®の導入を行い、防錆効果により赤茶色の水がその後、飲料水として適した水質の透明な水まで改善をする事に成功しています。

NMRパイプテクター®-NMRPT-によるベトナム・ビンフック省フォン カン地区での導入事例

配水管の敷設15年が経過していたベトナム・ビンフック省フォン カン地区では、赤水が発生するほど配管内で赤錆腐食が進行し、その水質はNMRパイプテクター®設置予定箇所より南約500m地点で、赤錆による鉄分値が23.0㎎/ℓと非常に高い数値を示していました。
その為、2016年7月29日にNMRパイプテクター®を導入し、15週間後の水質検査では、鉄分値は2.5㎎/ℓと大幅に減少しました。さらにその後の調査で鉄分値0.03㎎/ℓ未満まで改善が確認され、世界的に見ても水質の高い日本の水質基準値0.3㎎/ℓ以下の鉄分値となっています。赤水は無色の水となりました。赤錆が無ければ殺菌用塩素投入ができるので、今後は飲料水としても適した水質になり、ペットボトルは不要になります。 

配管防錆技術から海洋汚染等の環境問題解決へ

今回の内容でNMRパイプテクター®が、環境問題についても有効な事が伝わりましたら幸いです。これからも日本システム企画株式会社は環境問題の解決につながる事例を増やし、活用される場を広げていく事を目標としています。

海に浮かぶ大量のプラスチックごみ
海に浮かぶ大量のプラスチックごみ

関連リンク