NMRパイプテクターによる還元

漏水などの深刻なトラブルの原因 赤錆腐食をNMRパイプテクター®-NMRPT-で長期完全防止

配管内赤錆腐食は対策の難しい問題の1つです

建物の老朽化による問題の1つに配管設備の配管内赤錆腐食があります。水と常に接触する配管内では、何も対策をしなければこの問題は避けられません。この問題を少しでも回避する為に、ビニルライニング鋼管といった、直管部が錆びない配管もありますが、それでも継手部に関しては継手部断面の鉄部が水と接触する事になり、赤錆腐食は発生してしまいます。直管部が錆びないビニルライニング鋼管では、継手部で90%近くの赤錆閉塞が発生していても「赤水」が発生せず、住んでいる人は腐食が進んでいる事に気づかない事も少なくありません。ここで気を付けたいのは赤錆腐食が継手部だけに発生していても、マンション全体では数百~数千の継手部が在るので、結果的に直管部を含めた全配管を取り替える必要がある事です。これには多大な費用と断水等の建物使用に制限を伴う長期工事となり、風呂に入れない、仮設トイレに朝、皆様が並ぶという様なかなりの負担が必要となります。

配管の内部を確認する機会はあまりないのが実状といった方が多数かと思いますが、是非、手遅れになる前に一度は配管設備の状態については気にしていただければと思います。

NMRパイプテクター®-NMRPT-導入による様々な負担の軽減

給水配管の配管寿命は20~30年といわれており、60年~100年以上といわれる建物寿命の半分以下しかありません。寿命を超えた配管では特に漏水や赤錆閉塞などリスクが高まるので、建物寿命の前に最低でも1度は配管更新工事が必要となります。

それに対して、配管内の赤錆腐食防止としてNMRパイプテクター®を導入した場合は、建物寿命まで配管寿命を延命できるので、配管更新工事は不要となります。

NMRパイプテクター®導入費用は、更新工事の約5分の1~10分の1以下にまで費用削減できます。また、工事も2~3時間で完了し、断水は配管の外側に取り付ける装置である事から不要となり、建物使用制限等の負担は一切ありません。また、導入後のランニングコストが一切必要ないのも特徴です。

今後、配管の維持に必要な様々な負担を無くしたいとお考えであれば、NMRパイプテクター®の導入は最適な選択となります。

NMRパイプテクター®-NMRPT-だから実現できた長期防錆効果

NMRパイプテクター®が配管内の赤錆腐食対策に最適な訳には、大きな理由があります。それは現在、建物寿命まで配管寿命を延命できる技術は、NMRパイプテクター®以外には無いという事です。

配管内を流れる水の力を利用し、赤錆を黒錆に還元し防錆を行うNMRパイプテクター®は、水を使用している限り、赤錆腐食を完全に防止する事が可能な唯一の装置です。

NMRパイプテクター®はこれまでに4,200棟以上(2020年時点)の建物で導入され、導入後の効果検証によって防錆効果を立証し、お客様に安心と満足をいただいております。

NMRパイプテクターによる還元
NMRパイプテクター®による還元

関連リンク