赤錆劣化した給水管内イメージ

世界で唯一検証できる防錆効果でNMRパイプテクター®-NMRPT-は長期配管延命を立証

従来の配管更生工法では完全な赤錆腐食の防止は不可能でした

過去30年間で、磁石装置が防錆を目的に、150社以上により販売されてきました。その中で防錆効果の証明ができた製品は1つもなく、現在では残っている製品はほとんどありません。

現在、いくつかの配管防錆技術として利用されている代表的なものとして、犠牲体電気防食工法や電極方式があります。配管内の一番近くの錆こぶのみに防錆効果を与える電子が流れる為、配管全体への防錆効果は期待できません。

膜脱気などの工法は、1日の中の水の使用量で効果にムラがあり、給水配管の水の使用量が多くなる夕方などの時間帯では処理が追いつかず、効率的な防錆効果が出せません。

給水管用エポキシライニング工法は、最初にサンドブラストで配管内の赤錆を除去し、次に配管内に専用の樹脂を流し込みコーティングし配管保護を行う工法です。この時の樹脂にはビスフェノール類が主成分として使用されていますが、ビスフェノール類は人体への有害性が米国及びカナダで問題になりました。また、エルボ部の塗布が不均一で、再度赤錆劣化が生ずる為、配管更新が将来必要になります。

黒錆に着目した独自の技術によりNMRパイプテクター®-NMRPT-は防錆を行います

配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®は、日本システム企画(株)が開発した、従来の配管更生技術と全く異なる視点の「NMR工法」により、様々な問題を引き起こす配管内の赤錆を還元により黒錆に変化させ、配管更生を行う装置です。

黒錆の特徴は、水に溶けやすい赤錆の性質と異なり、水に溶けない固い結晶の不動態となります。黒錆への変化により黒錆被膜が形成され、配管内が赤錆の新規発生されない環境に強化されます。黒錆の体積は赤錆の1/10以下と小さく、赤錆から黒錆になる事で配管内閉塞が縮小改善されていきます。

この防錆原理については、「(社)日本防錆技術協会」や「アジア太平洋防錆学会」にて、研究論文の発表を行い、他には無い唯一の防錆技術であると評価されました。

NMRパイプテクター®の技術は「マンション管理の実務」(国土交通省認定 財団法人マンション管理センター監修)でも掲載され、赤錆を還元し水に溶けない不動態の黒錆に変化させ、配管の赤錆腐食を防止する新技術として、国内外に広く知られるようになりました。

NMR工法は配管更生の工法として、特許を複数の国で取得し、審査内容の厳しいアメリカでも特許を取得しています。

実際の防錆効果については、NMRパイプテクター®の導入後の効果検証にて、日本を含む世界中で防錆効果を立証しており、ロンドン市庁舎や大英博物館などこれまでに多くの方から高い評価をいただいています(様々な導入事例を紹介していますので是非参照ください)。2020年現在、4,200棟以上でNMRパイプテクター®は導入され、世界中で防錆効果を発揮しています。

赤錆劣化した給水管内イメージ
赤錆劣化した給水管内イメージ

関連リンク