NMRパイプテクター®が取得した米国特許

実現主義で審査の厳しい米国特許を取得、英国で普及するNMRパイプテクター®

はじめに

配管内の赤錆防止装置として、日本、英国をはじめ、世界10ヵ国で使用されている「NMRパイプテクター®」は、日本国特許、米国特許、韓国特許、香港特許を取得し登録されています。 日本国特許は先願制だけが尊重され、他よりも先にそのアイディアや技術の特許を出願すれば、以前は特許が取得できました。

しかし米国では、本当に特許内容が「正しい」のか、その特許内容が「実現可能」なのか、などがより厳しく審査されています。 米国特許は、その特許技術が本当に「実用化されている」のかまで問われ審査されます。

配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター®」はそのような海外における厳しい特許審査を経て、世界の主要国での特許を取得し登録されました。

英国で初めてNMRパイプテクター®が設置されたのは、2004年2月16日の「アッデンブルックス病院」でした。

当時、NMRパイプテクター®は英国での特許を有し、「腐食」に関する学会での論文が発表されたことから信頼性を確立していました。 そのため、ケンブリッジ大学付属病院である「アッデンブルックス病院」では配管更新の3年後に漏水が発生した為、ケンブリッジ大学の推薦により、NMRパイプテクター®が設置されました。

温水中の鉄イオン値はNMRパイプテクター®設置前の1.07mg/lから、11日後には0.188mg/lと水質基準値0.2mg/l以下になり、NMRパイプテクター®設置後、たったの11日間で亜鉛メッキ鋼管製の給湯配管内の赤錆が防止されました。

その後まもなく、この実績が英国国立病院機構(NHS)へ伝わり、ロンドンの本部病院である聖トーマス病院の他に、ウィッティントン病院、モーズレー病院、聖マリー病院、ハマースミス病院など 多くの病院でNMRパイプテクター®が導入されました。 どの病院でもNMRパイプテクター®の設置後、水中の鉄イオン値を設置前に比べ大幅に減少させ、赤錆防止効果を検証しました。

英国では、ハロッズ・デパート、BBC(英国放送協会)、ウィンザー城、バッキンガム宮殿、大英博物館、ロンドン市庁舎、ロンドン市立大学、スコットランド王立銀行(RBS)、 マリオットホテル、ヒルトンホテル、シスルウェストミンスターホテル、ホリデイ・イン・ロンドン・ヒースロー、ミレニアムホテル、マンダリンオリエンタルホテル、 ロイヤルガーデンホテルなど。

NMRパイプテクター®を設置したすべての建物で、配管内の水中の鉄イオン値を大幅に減少させ、赤錆防止効果を検証してご使用いただいています。 また、イギリスでは日本とは異なり、病院など施設の建物の管理は独立したコンサルタント会社が担当していることがほとんどです。 このコンサルタント会社からNMRパイプテクター®は病院だけでなく、数多くの5つ星ホテルや英国を代表とする建物に推薦・紹介され導入されてきました。

これらの確かな実績と特許を保持していることから、NMRパイプテクター®に対し、地方政府より助成金が支給されています。

当社の英国子会社である「Japan System Planning UK,Inc.」が英国以外のヨーロッパの国々にもNMRパイプテクター®が普及するよう、英国政府から補助金を受領いたしました。

2011年1月25日には、米国での特許を保持していることから神奈川県横須賀市にある「米海軍横須賀基地病院」にてNMRパイプテクター®が導入されました。

それによりNMRパイプテクター®の赤錆防止効果の実証がされ、 米軍および米国政府機関との取引に必要な企業登録(企業識別コード)ダンスナンバー(Duns No)を登録しました。

NMRパイプテクター®が取得した米国特許
NMRパイプテクター®が取得した米国特許

関連リンク


資料のご請求やご不明点はお気軽にお問合せください

日本システム企画株式会社

フリーダイヤルや、24時間いつでもお問合せ可能なWEBフォームよりお問合せが可能です。無料の資料請求も承ります。まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル

0120−320−390

(平日9時〜17時半)