NMRパイプテクター®を導入した「帝国劇場」

NMRパイプテクター®導入先紹介 日本を代表する劇場での設置例

はじめに

赤錆防止装置NMRパイプテクター®の様々な建物での設置事例を紹介してきました。今回は日本を代表する劇場、帝国劇場での実施例を2回にわたって紹介します。 帝国劇場では配管の赤錆劣化の問題と同時に、劇場としてこだわった建築設計である事から特殊な悩みを抱えていました。 NMRパイプテクター®は、その帝国劇場ならではの問題をクリアし、配管の赤錆防止・延命に成功しています。 今回は帝国劇場の歴史と、その抱える問題について紹介します。 是非ご覧ください。

東宝の直営劇場である「帝国劇場」について

通称、帝劇で知られる帝国劇場は東京都千代田区丸の内にある、日本発の西洋式演劇専用劇場として1991年に開場しました。開場当時から大人気となり、現在も人の列ができる帝国劇場ですが、1923年の関東大震災による火災の為に、建物の内部の殆どが焼失してしまいました。 翌年に改修され、復興しますが以前の勢いを取り戻すまではいかず、1964年に一度取り壊されます。そして、1966年には当時最新の設備を備え、複合ビルの一部の劇場として、現在の形となる帝国劇場が建設されました。 その後は、『風と共に去りぬ』の公演がロングランヒットとなる好調なスタートから、現在に至るまで様々なミュージカルや大型娯楽劇を公演し、その人気や注目度から国内でも中心的な劇場です。 その館内は非日常を感じさせる程の洗練されたデザインの造りであり、現在では日本ミュージカルの聖地とも呼ばれる、数ある劇場の中でも特別な存在となっています。

「帝国劇場」ならではの問題にも対応したNMRパイプテクター®

上質な公演を行う為に、帝国劇場は常に最新の設備を備える等、非常に劇場としての機能も重視しています。その1つとして、上演する舞台の妨げにならないように「静粛性」にも気を付けています。 その為に電動機を搭載した設備等を、劇場最深部の地下6階に集中的に設置するよう設計しており、こだわりを感じさせます。 そして「静粛性」を重視した結果として、空調用の配管等をコンクリートの中に埋設配置しています。 帝国劇場では、建物の経年劣化に対する改修やメンテナンスにも注意を払っており、頻繁に修繕等の対応は行ってはいましたが、埋設された配管にまでは対応する事が出来ませんでした。 そこで、その問題を解決できる方法として、NMRパイプテクター®が採用されました。

NMRパイプテクター®の導入が帝国劇場に適した理由

NMRパイプテクター®を帝国劇場へ設置する事の中心的なメリットは、配管の取り外しや断水を伴う大規模な工事が必要なく、劇場の運営にも支障がない事があります。 また配管が埋設されている部分に関しては簡単に修繕等が出来ない為、帝国劇場としてはなるべく修繕等を行わずに、長期にわたって配管の使用をしていく必要があります。 その問題に関して、帝国劇場でのNMRパイプテクター®の設置は、埋設配管以外の箇所への設置工事で対応が出来た事から、簡単な工事で完了しました。 NMRパイプテクター®は、建物寿命まで配管延命をする事が目的の為に、防錆効果が40年以上持続します。この事から、帝国劇場では埋設している配管部分に関しても安心して問題なく長期にわたって使用できます。

NMRパイプテクター®への防錆効果の信頼から2度の追加設置を実施

帝国劇場は建物の規模が膨大である事と、給湯・給水配管、冷温・冷却配管揚水配管と様々な系統の配管の延命を行う為に、複数台のNMRパイプテクター®が導入されています。 最初のNMRパイプテクター®の設置は、2000年8月8日に給湯配管の2系統と揚水配管、給水配管に各1台ずつの計4台が導入されました。 その後のNMRパイプテクター®の設置による防錆効果が良好な事から、1年後の2001年8月23日には、冷温水配管に2台と給水配管に1台のNMRパイプテクター®が追加導入されました。 さらに、2002年4月19日には冷却水配管に1台のNMRパイプテクター®の追加設置がされました。

NMRパイプテクター®の導入について

マンションについては、1棟につきNMRパイプテクター®1台の設置でカバーできるケースが殆どの為に、配管更新工事と比較し5~10分の1程度と費用は大幅に抑えられます。 ただ、今回の帝国劇場のように、規模が広大で配管設備が多岐にわたる建物の場合、1台のNMRパイプテクター®の設置では、建物の配管の全てをカバーできない場合もあります。 大型の建物については、NMRパイプテクター®の設置後の赤水の解消や、漏水の無くなった事からお客さまに防錆効果について信頼していただき、他のカバーしきれていない系統の配管について追加導入を決定するケースも少なくありません。 NMRパイプテクター®の防錆効果の実証については、そういった導入先の追加設置が防錆効果の立証を物語っていると言えます。 建物によって様々な状況、条件がありますので、NMRパイプテクター®についてその導入先に合った提案をいたします。配管の赤錆劣化の防止、延命をご検討中でしたら是非お問い合わせください。 帝国劇場ではこだわりのある設計や設備の維持の為に、最高の公演を行う劇場をこれからも長期にわたって維持する為に、NMRパイプテクター®は皆さんの見えないところで活躍しています。

NMRパイプテクター®を導入した「帝国劇場」
NMRパイプテクター®を導入した「帝国劇場」

関連情報