TOKYO MXのビジネス番組「企業魂」にて NMRパイプテクターが紹介されました。

ビジネス番組「企業魂」でNMRパイプテクター®-NMRPT-の効果実感の声が取材されました

配管内の赤錆腐食による問題は、世界中のいたるところで起きている問題です。そのメンテンスや修繕には多くの費用が必要となり、建物管理者は大きな負担を強いられる事になります。そんな中、従来の配管更新・更生工法に比べ大幅に費用削減ができ、建物寿命まで防錆効果を継続する、配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®が注目され、TOKYO MXのビジネス番組「企業魂」で紹介されました。

海外でも注目される日本システム企画株式会社の活動

NMRパイプテクター®を開発した日本システム企画株式会社は、国内では9拠点、その他にイギリスとアメリカにも拠点を構えます。配管内赤錆腐食の問題は世界でも共通の問題の為に、海外でもNMRパイプテクター®が活用されるよう活動の視野を広げています。

導入先への負担の少ないNMRパイプテクター®-NMRPT-

配管更新や他の更生工法とのNMRパイプテクター®の大きな違いには、次のようなものがあります。

  1. 配管更新工事と比較し、1/5~1/10以下の費用で導入可能となり、配管寿命を建物寿命まで延命する
  2. 設置工事は断水を伴わず、1~2時間程で完了します。また建物利用の制限は一切ありません
  3. NMRパイプテクター®のランニングコストやメンテナンスは不要です。

黒錆により防錆が可能な理由

赤錆腐食によって配管内に発生した赤錆は水に溶け易く、赤水や臭いがするなどの問題を引き起こします。赤錆腐食が酷い場合には、配管結合部のねじ山をぼろぼろにし、「漏水」や「配管閉塞」などの重大な問題に発展します。

NMRパイプテクター®は配管内を流れる水の自由電子を利用して、配管内の赤錆を黒錆に還元します。

黒錆は不溶性の固い結晶の不動態となり、被膜を形成します。これにより新規の赤錆を防止し、黒錆により配管が強化されていきます。また、黒錆の体積は赤錆の10分の1以下の為、配管内の赤錆閉塞は縮小改善していきます。これまでに黒錆は鉄のコーティングとして使用され、蒸気機関車や南部鉄瓶、中華鍋などの防錆目的で利用されてきました。

NMRパイプテクター®-NMRPT-導入先の感想

ホテルサーブ渋谷でのNMRパイプテクター®導入事例

空調冷温水配管内で赤水と赤錆の沈殿があった、東京都目黒区の「ホテルサーブ渋谷」では、赤錆対策の為に冷温水配管を更新すると、約1億6000万円の費用と約1年の工事期間が必要と見積もられ、配管更新工事の実施は不可能でした。NMRパイプテクター®導入の場合は費用を大幅削減でき、通常通りホテルの営業も行いながら設置工事が可能と知り、ホテルサーブ渋谷はNMRパイプテクター®の導入を決定しました。その後、採水により導入後の水質検査を行ったところ、NMRパイプテクター®導入から約1ヶ月半の時点で、赤水は解消し水が透明になっていました。この結果に同ホテルの八木社長は、「赤錆は止まり、現在は非常に順調です。費用は1億6000万円かかるところが500万円で済みました。また、配管の取り換えも行わないので、休業しないで済みました。」とNMRパイプテクター®の導入効果について述べています。同ホテルでは配管更新工事と比較し、NMRパイプテクター®の導入は配管更新の1/30の費用で実現できました。

社会福祉法人城南会 ケアハウスしらさぎでのNMRパイプテクター®導入事例

「企業魂」で取材された2件目のNMRパイプテクター®導入先は、埼玉県さいたま市にある「社会福祉法人城南会 ケアハウスしらさぎ」です。同施設では、給水管と給湯管から赤水が出ていました。改善の為にNMRパイプテクター®を導入したところ、「驚くくらい赤錆が早くに無くなり、設備点検に対するストレスが一切なくなりました。導入して本当に良かった。」と同施設の統括事務長の新井氏は、NMRパイプテクター®の防錆効果についてコメントしています。

NMRパイプテクター®が水道インフラの現状を改善

現在、全国各地の水道管の老朽化が問題視されており、今後も安心して国民に水を提供する為には水道管の更新工事が必須ですが、水道インフラの維持の為には、30年で60兆円の予算が必要と政府試算により見込まれています。現状それに見合う収入は各自治体には無く、実現の為には水道料金の大幅値上げが必要となります。

水道インフラに対してNMRパイプテクター®の導入により、この問題を解決した場合は、配管更新工事の約20分の1以下にまで費用を削減でき、新品の配管寿命よりも配管寿命をより長く延命する事が可能です。

水道事業の民営化を可能とする改正水道法が2018年に成立し、翌年2019年10月より施行されました。

水道事業が水道料金を現在の水準に保ったまま行えるよう、NMRパイプテクター®を水道事業に活用する事も可能となった今、その実現の為に日本システム企画株式会社は、社会に貢献していくことを目指しています。

TOKYO MX「企業魂」2019年2月28日放送内容

関連リンク