2020年6月25日 マンション管理新聞

パレス鶴見の建物管理のコスト削減に貢献 NMRパイプテクター®-NMRPT-導入の効果

管理状態の正常化に向けて動き出した「パレス鶴見」

「パレス鶴見」は神奈川県横浜市の1972年に竣工された、全32戸のマンションです。築39年の時点で「パレス鶴見」は管理体制の不備により、給水管の赤錆腐食の対策は未実施でした。
パレス鶴見の管理については、実質的に建築した建設会社が行い、管理組合はありましたが実際は活動の実態がほとんどなく、今後の建物維持に関して多くの不安がありました。

その為に、管理の正常化に向けて一部の住民が行動を始めました。当時のパレス鶴見についてマンション管理組合の金谷理事長は、手入れがされておらず幽霊マンションの様な外観だったと語っています。

パレス鶴見は最初に外壁補修から着手しました。外観の印象は随分と変わり、今度は建物内部の修繕に取掛りました。

修繕費用の問題を解決したNMRパイプテクター®-NMRPT-

築39年間で給水管に対するメンテンス等は未実施だったので、配管内部の赤錆腐食が心配されていました。修繕の為に管理会社から提案されたのは、ステンレス管での配管更新でした。配管更新は費用負担の大きな大規模工事ですが、ステンレス管は一般的なビニールライニング鋼管よりもコストが高い為に、さらに多額の費用が必要となります。この時管理組合は、外壁補修工事の借入金の返済などもあり、配管更新工事を実施できる状況ではありませんでした。

そこで他の方法を検討していたところ、金谷理事長は配管更新と比較し、5分の1~10分の1以下で導入が出来る、配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®を知りました。

導入実績の豊富なNMRパイプテクター®-NMRPT-     

独自の技術で配管内の赤錆腐食を停止するNMRパイプテクター®は、配管内の赤錆を還元によって黒錆に変化させ、配管内を強化します。その高い防錆効果により、NMRパイプテクター®は2020年時点で、世界中の4,200棟以上の建物で防錆効果を立証してきました。 

防錆効果保証が導入の決め手に

配管更新と比べ、費用を大幅に削減できる効果がNMRパイプテクター®の導入で見込める事は分かりました。それでも導入の決定を慎重に進めていたパレス鶴見では、NMRパイプテクター®の導入についてその条件を確認してみると、効果保証制度がある事を知りました。その内容はNMRパイプテクター®導入後も安心して利用出来る内容の保証であった事で、管理組合総会でもNMRパイプテクター®の導入は承認されました。

防錆効果保証の内容

「NMRパイプテクター®」の効果保証制度の内容は、「赤錆閉塞率改善などに一定の効果判定が得られない場合には、代金を返金すると同時に、装置を取り外し設置前の状態に復旧する」もので、NMRパイプテクター®の導入に関して、建物オーナー様に安心して利用いただける内容となっています。適用はマンション限定ですが、1年間の防錆効果返金保証が導入の後押しとなったケースも少なくありません。

パレス鶴見では給水管の長期延命に大きな自信

効果検証によって確認されたパレス鶴見での防錆効果

NMRパイプテクター®設置後、7年後に配管内の防錆効果の確認の為、内視鏡による調査を実施しました。2部屋の給水管内を調査し、導入前と比べ、それぞれ35.3%と17.4%の赤錆閉塞率の縮小改善により、赤錆腐食が完全に停止されている事が確認されました。パレス鶴見は現在、築48年が経過しましたが、赤錆腐食による問題が全く発生していない事で、NMRパイプテクター®により配管の長期延命がされている証拠といえます。

実際の利用者の声でも立証されたNMRパイプテクター®-NMRPT-の防錆効果

金谷理事長は 「現在(2020年時点)、築48年経過しているが赤錆問題はなく、効果があると実感しています。今は建物寿命が延びているかもしれないが、私は60年と見ている。築60年まで残り12年ありますが、それまではNMRパイプテクター®での配管延命を期待している」と、NMRパイプテクター®導入による防錆効果の実感に、今後の配管維持にも自信のコメントをされています。

2020年6月25日 マンション管理新聞
2020年6月25日 マンション管理新聞にて
NMRパイプテクターの導入について掲載されました

関連リンク